ドキュメンタリー映画を知る

境界線は何処から

ドキュメンタリー映画、そう言われるとわからないから説明してくれと言われたらどう説明するでしょうか。筆者の場合、

『そこにある事実を、リアリティに人為的な手心を加えていない、ありのままで表現した映画作品』

そう答えるだろう。ドキュメンタリーと称されるジャンルの作品を簡単に説明しろと言われても、実際にはなかなか難しかったりするものだ。筆者のこの意見についても違うだろうと答える人はいるでしょう、それこそ映像美というものにこだわりを見せている人なら例えこちらが手を加えてでも素晴らしい映像にしたいと考えるはずだ。作品を見てもらいたいとしたら、やはりどんなものでも最高のものでなくてはならないと考えるのは定石であり、基本でしょう。

では一般解釈から見られるドキュメンタリーとはいかなるものかというと、『あくまでノンフィクションを相当として、取材対象を演出などで表現すること無く、純粋な素材として放送することにより引き出される、ありのままの映像作品をまとめたもの』といったように位置づけられるのだ。

だからこそドキュメンタリーはフィクションではなく、ノンフィクションでいなくてはならないと強固に考えている人もいるでしょう。それはそれで問題ありませんが、実際のところドラマなどのフィクション作品と、記録映画と呼称されることもあるノンフィクションたるドキュメンタリー映画などに違いはあるのか。素人目線では判断しにくいものですが、プロにしてみれば、どちらも対して大きな違いはない、本質的にはどちらも似たようなものだという風に見ているのです。

映画のお供に

パタヤ、ビーチロード・ソイ10にある3ッ星のhttp://golf.pptours-bkk.com/に驚きの低価格で宿泊できちゃう♪

ドキュメンタリーを信じるか否か

本当か嘘か、天秤で調べようとしたら正解はどちらにも傾かず、またどちらにでも傾く可能性があるといった風に見たほうが良いのです。ドキュメンタリー映画と称される映画の中には、意図的にフィクションめいたものを盛り込んで表現している作品もあります。ネイチャーはどちらかと言えばドラマ仕立ての内容で、実際にある自然の神秘的な世界を少女視点で、水というテーマに基づいてその素晴らしさを克明に描いている。

こういった作品なら手心を加えたところで、過剰に演出さえしなければ反感を呼ぶことも少ないからだ。逆に必要だから、という理由でする場合もあったりするので、時に映像を編集して綺麗に見せるというのも良心的な事情が絡んでいたりするのです。それこそあまり見られてはいけない、心霊めいた現象が起こっていたりしたら、意図して消すなどの加工を施すものだ。

一作品としての良さを大仰ではあるが、見目麗しい映像美へと昇格させる際には、時として編集という作業を施さないとならない。ただ芸能人のように、誰かもわからないくらいに顔を加工したりすると完全なギャグになってしまうので別の意味で笑えません。

歴史として

ドキュメンタリー、という言葉が本格的に使用され始めたのは1895年のこと。産業革命が巻き起こった時代から段々と事実を白日の下に知らしめるなどの意味合いを後に帯びていきますが、やはりそれだけ知識として知っている情報と映像として見せられる情報との差があまりに如実な違いを生み出しているなどからきているようだ。また、ナチス政権時代において行われていたユダヤ人への迫害などを映画仕立てで当時仕様のドキュメンタリー映画を制作したことにより、アウシュビッツのような惨劇が平然と行われていたことを、歴史の闇に葬り去られることないまま真実として伝聞されたケースもあります。

やがてドキュメンタリー仕立てという枠で語られる映画が一般的になる中で、新しい撮影手法として認知されていくと同時に、1つの問題点が浮かんできた。それは真実というものが映像として残すと、非常に淡々と味気ないものだったというケースが多いことです。こうした点から誰もがあっと驚く、脱帽するような驚愕性をもたらすために話を誇張し、展開を捏造し、さらには物事の前後をありもしないシナリオで書き立てるといったことが平然と行われることも多くなってしまったのです。

最近で言うところの

近年で言うところのNHKが放送したドキュメンタリー番組に過剰演出、ヤラセが発覚して品格が問われた事件がありました。本当だといって放送される内容を真に受けて驚く人がいる一方で、本当にそうなのかと疑問に思ったという人は少なかったはずだ。ドキュメンタリーは基本ヤラセ無しの、真実で語られていると信じきっている人が非常に多いからだ。これらの点からしても、ドキュメンタリーという作品に求められる内容の真偽はとりわけ注視されやすい。

自然サイコーーーー!

まつげエクステ 7lash.jp信頼のまつげエクステサロンをお探しなら、アイラッシュ専門店まつげエクステ商材・グルー通販へ!

ヤラセがなければいいのか

ではヤラセがなければ良いのかというと、そこはそこで難しいところではある。ありのまま、それこそ撮影したままの姿を映し出すのにも限界はある。それこそテレビでは見せられないようなグロテスクな表現があった場合には必要に応じて修正を施していかなくてはならない。中にはそれさえ嫌っている人も事実として存在しているから、中々難しい境界線だ。

ドキュメンタリー1つとっても、真実だけをまざまざと映しだしていれば正解とは言い切れない部分も確かにあることを念頭に入れる必要があります。