富豪刑事BUL

「富豪刑事BUL・アニメ」神戸大助の神戸財閥が超金持ち!あらすじ解説


4月からスタートのノイタミナで放送中の富豪刑事についてです。

「富豪刑事BUL・アニメ」の概要

原作は筒井康隆先生の伝説のミリオンセラーの小説です。

実は2005年1月から3月まで、主人公を女性に変え、深田恭子さん主演でテレビドラマがテレ朝系列で放送されていました。2006年4月から6月までで続編も放送されました。

可愛らしい主人公が、莫大な資産を使って事件を解決する物語でした。

2020年4月から舞台を現代に変え、ノイタミナでアニメが放送されることとなったのです。原作より現代的な要素が多くなってます。

「富豪刑事BUL・アニメ」のあらすじ

神戸大助は、警視庁警備部警部を拝命し、問題児ばかりの現代犯罪対策本部準備室に赴任します。

大富豪の神戸財閥の御曹司でもある神戸は、

その財力を武器に事件を解決しているお話です。

キャッチコピーは、『刑事。だが正義とは限らない』

「富豪刑事BUL・アニメ」神戸大助の神戸財閥が超金持ち!

登場からしてすごいです。

仕立てのいいスーツを着て、シャンパンを飲みながらプライベートジェット日本に帰国。

タラップから降り、レッドカーペットを歩き黒の高級車に乗ります。

レットかーぺットの横には人が並んでます。お出迎えですかねぇ。

向かうは警視庁。

到着し、警視総監と話しています。たばこを進められるのですが、自分のシガーケースから葉巻を取り出し吸い出します

そこから現場に出るのですが、びっくりです。大金を湯水のように使います。

前にいる車をどんどん押しのけて現れます。最後は、電柱にぶつけ自分の車を駄目にします。

代わりに一国の王子から車を買い上げるのですが、3億といわれるのですが、その場で相手に10億送金します。釣りはいらないと。

サングラスをかけ、王子のカードをスキャンします。ただのサングラスに見えるのにそんな機能があるなん未来のアイテムですよ。

AI執事ヒュスクに小切手をと言います。サングラスの画面に小切手が現れ、空中でサインをし、完了。

金額もですが、そんな未来のアイテムを使っているのが驚きです。

ヒュスクとのやり取りもピアスのようなものでしているのです。

なんてハイテクなのでしょう。

ここからヒュスクが全てバックアップします。

時限爆弾を持つ犯人を追い詰めていきます。最後は橋から車ごと爆弾を落として、解決します。

犯人を追い詰めるための経路、そこに至るための信号機のハッキング、被害が出たら相場の倍の保障といろいろとお金を使います。

結果、一回の捜査に総額約14億7千万もの資金を投じます

そんなお金を迷わず使っているあたりが大富豪です。

さらに最後にこれから相棒になる加藤くんにあんなのは警察のやり方ではないと言われ、ヒーローじゃあるまいし、命がいくつあっても足りないと言われ、

いくらだと答えてるあたり、大富豪の金銭感覚ってどうなっているのやらと思います。

「富豪刑事BUL・アニメ」の解説

原作の時代がかなり古いので、現代的にアレンジされてます。

その最たるものが、ヒュスク、AI執事です。

耳元のピアスのようなもが音声認識をするのでしょう。

指示を受け、行動するAI執事は実に近未来的です。

サングラスについている機能も凄いですね。

スパイ映画に出てくるアイテムみたいです。

このような実験段階を抜け出せないようなものを実用化してるのですから、

研究費にどれほどの資産を投じているのやら。

さらに一回の捜査に14億7千万ですよ。

資産はいかほどあるのでしょうか。

さて、富豪刑事のサブタイトルが気になりますよね。

Balance unlimted(バランス アンリミテッド)。

アニメの途中にヒュスクが言ってたので気になり調べました。

unlimtedは、際限ないとか限りないという意味ですね。

問題はBalanceです。これは口座残高と言いう意味だそうです。

つまりは資産にそこがないことを意味しているのです。

これからも、とんでもない金額を投じて事件を解

-富豪刑事BUL

Copyright© nature , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.