アイドリッシュセブン

【アイドリッシュセブン・2期】アニメ1話/あらすじネタバレ感想と個人的評価

後半は延期になってしまったアイドリッシュセブン。

今回は1話のあらすじと感想をおさらいしています。

【#1「新しい扉」あらすじ】

遂に念願のレギュラー冠番組が決まったIDOLiSH7。
冠番組始動に向けて収録や番宣と奮闘している中、
トップアイドル「Re:vale」の番組に呼ばれる。

「BLACK OR WHITE」の総合優勝者の「Re:vale」は一体どんな人物なのか。
陸たちは緊張しながらRe:valeの楽屋へと向かうーーー

【番組名は「キミと愛なNight!」Aパートまとめと感想】

2年の時を経て、アニナナ2期「アイドリッシュセブン Secound BEAT!」始まりました!

初っ端から衝撃でした。センター変わるんですね??

おそらくセンターが変わってからのスタートではなく、
話の流れで陸から一織に変更になりそうです。

やっぱり喘息が原因でしょうか。
1期でも辛そうにしているシーン結構ありましたし……

個人的には「このユニットのセンターはこの人」と、
特定の誰かをセンターにしなくてもいいんじゃないかなと思いました。

曲ごとにローテーションしてセンターになれば、
陸くんの負担は少なくとも今までよりは減る気がします。
どんな経緯でセンター交代になったのか気になります!

OPは無しでの中で経済効果が1000億以上って想像できませんよね。

ゼロアリーナという施設もあるくらいなので漠然と「すごいんだな」とはなりますが、
ゼロのことも今後判明するんでしょうか。

そんな話をしていると、マネージャーの紡さんが帰ってきました。

顔を伏せて泣いているようで、一体何があったのかと思いきや
なんとIDOLiSH7レギュラー冠番組始動!

テーマ曲も既に準備済みとは仕事の早いこと……流石は小鳥遊事務所。

スポンサーも政財界にしがらみの少ないIT業界中心の構成というのも流石ですね。

壮五そのまま物語が進んでいきました。

伝説のアイドル「ゼロ」の話をしてましたね。
一体どんなアイドルなのか……

3年間の活動くんがホッとしていたのを見てこちらもホッとしました。

「お前さんが頑張ったからだよ。親父さんが邪魔できないくらいMEZZO”も俺たちも名前が広がった」

ここの大和さんの台詞、よかったですよね。
リーダーいいこと言う……!

続いて褒められたのは三月。
三月くんの頑張りが認められたことも、
最初に褒めた社長から順にみんなが褒めてった流れもよかったです。
トイレで喜んでから泣いていたところが三月らしかったです。

次のシーンでは全員がジャージに着替えて三月が士気を高めていました。

「やっと、やっと俺をアイドルにしてくれたお前らに恩返しができるチャンスなんだ」

この三月の台詞、めちゃくちゃ好きです。

三月くんの言うように「アイドルにしてくれた」のが他のメンバーならば、
きっとそれは他の6人にも当てはまりそうですよね。
各々が結構重そうなものを抱えていそうなので……

冠番組の番組名も発表されてました。
「キミと愛なNight!」、アイドルらしさとIDOLiSH7らしさが出てます。

万理さんにRe:valeの番組にも呼ばれてると言われた時の壮五、嬉しそうで和みました。

が、その後の万理さんのカット、ちょっと不穏でしたね。
万理さんがRe:valeの話をしている時、顔が全て映ってませんでした。

Re:valeのファンだと自己申告してCDも全て持っているのが本当なら、
万理さんにもRe:vale絡みで何かあったのかもしれません。

人気であれば人気である程初期のCDって入手しにくいので
トップアイドルのRe:valeのCDを全て持っているのなら
関係者だった可能性が高いですね。

1期の最終回17話でも音楽をやっていたって言っていたので
実はRe:vale結成当初同じ事務所にいた、というのも考えられます。

併せて大和も手元しか映りませんでした。

1期15話のスキャンダル事件の時、大和は
「大物俳優の隠し子疑惑、子供はIDOLiSH7の二階堂大和」と言われていました。

その時の反応や作画を見る限り、
本当に大物俳優の隠し子なのかはさておき
少なくも一般人ではなさそうな感じがしました。

Re:valeがどんな人達なのかも知ってそうですね。

少し不穏な雰囲気もありましたが、冠番組始動に向けて収録に番宣にと奮闘しています。

ゲスト出演した番組の、おそらく録画を見ながら
一織と紡さんが環の人気具合について話します。

一織の分析力は健在でしたね!
陸と褒めてると呼ばれたかのように来た陸。
さっさと帰ってって言ってましたが……笑

翌日はRe:valeの番組にゲスト出演。
果たしてRe:valeはどんな人達なのでしょうか……

【遂にRe:valeとご対面!Bパートまとめと感想】

そしていよいよRe:vale登場!
百さんと千さんの紹介時のカットが格好良かったです。

千さんが出演された映画の話になり、
千葉志津雄さんの名前が挙がった一瞬だけ大和の目元が映されました。
話を振られた時は今度は逆に目から下だけのカット。
どうやら「千葉志津雄さん」と関係がありそうです。

話を終えていざ尋常にご挨拶へ。
反応的に2人共不機嫌そうです……ネットの噂通り怖い人達……

と、思いましたが、演技だったみたい。笑

そういえばRe:valeの話をしてたのって思いっきり楽屋前でしたもんね。
そりゃ本人達にも聞こえます 笑

みんな固まって白くなっている中、大和だけ呆れた顔でカラーのままでした。
先程も一織の真剣なカットと緊張感漂う三月とは裏腹に呆れ顔だったので、
Re:valeの2人が怖い演技をしていたのは分かってたみたいですね。

実際の百さんは気さくで、千さんは優しい先輩でした。
いい人達でよかった……

場面はリハーサルに変わります。
辛そうな陸くんをフォローして、休憩まで入れてくれるRe:vale。

百さんは自分がする予定のコーナーのMCを三月に勧めたり、
千さんはつまらない時間を自分で楽しい時間にするように環にアドバイスしたり。

本当に優しくていい先輩達です。

こんな彼らだから「BLACK OR WHITE」で総合優勝し、トップアイドルにまで上り詰めたんですね。

そんなRe:valeのステージが始まります。

「SILVER SKY」、とてもよかったんですが2番からでしたね。
これといった理由は特にないのかもしれませんが、
ここ最近「SILVER SKY」を聴いていたので2番からというのは不思議な感じがしました。

歌い出しと共にクレジットが流れましたが、挿入歌と書かれてます。
EDは別に曲を用意してるのかもしれません。
IDOLiSH7かRe:vale、もしくは今回は登場しなかったTRIGGERの新曲でしょうか。

歌い終わるも話はまだ続きました。
序盤で話していたゼロアリーナのこけら落とし公演の話です。

全部で3日間行われるこけら落とし公演。
初日はTRIGGER、最終日はRe:vale。

まだ決まっていない2日目のアーティストに、
なんとIDOLiSH7を推してくれると言ってくれます。

これが決まればかなり大きいです。
どこまでもいい人達ですねRe:vale……

最後にサブタイトルを持ってきて、1話は終了となりました。

【まとめ】

「#01 新しい扉」まとめと感想でした。
いかがでしたか?

今までの頑張りが実を結んで冠番組を獲ったIDOLiSH7ですが、
ゼロアリーナのこけら落とし公演への切符を掴むために、新たな挑戦が始まりました。
是非2日目はIDOLiSH7に決まってほしいですね!

-アイドリッシュセブン

Copyright© nature , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.