かくしごと

【かくしごと】登場人物・キャラクター性格や解説まとめ

画像出典:https://kakushigoto-anime.com/ © 久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会

「月刊少年マガジン」(講談社)にて絶賛連載中!
愛娘 姫に漫画家であることを隠そうとする漫画家の父 可久士の日常に、
漫画家あるあるネタが盛り沢山のハートフルコメディです。

アニメ放送も始まり注目を集める「かくしごと」。
ここでは「かくしごと」のあらすじや登場人物について紹介していきます。

※あらすじだけではなく《登場人物紹介にも》ネタバレがあります!ご注意ください!

 

かくしごと の無料視聴はこちら

 

【かくしごと】アニメ・サブタイトルなどの元ネタ一覧【2020年春アニメ】

 

 

【「かくしごと」作品情報】

「かくしごと」は「さよなら絶望先生」を代表作に持つ久米田康治氏による漫画作品。

タイトルは「隠し事」と「描く仕事」を掛け合わせている
「掛け言葉」となっています。

単行本は2020年4月現在、11巻まで発売中。
TVアニメは2020年4月よりTOKYO MXほかにて絶賛放送中。

アニメは神谷浩史さんに花江夏樹さん、内田真礼さんに浪川大輔さんなどなど。
かなり豪華な声優さん達が揃っている中、

OPには人気バンドflumpool、
EDには大滝詠一さんの「君は天然色」が原曲のまま起用されています。

音楽関連も負けじと豪華です。
ますます注目されそうですね!

 

【「かくしごと」あらすじ】

後藤 可久士(ごとう かくし)は、
過去に連載していた漫画がヒットしたことのあるベテラン漫画家。
溺愛している一人娘の姫(ひめ)と中目黒で穏やかに暮らしている。

だが可久士は姫にとある「隠し事」をしている。
それは「描く仕事」ーーー漫画家であること。
というのも、可久士が過去にヒットさせた漫画がちょっと下品な漫画だったのだ。

「父親が恥ずかしい漫画描いてるなんて知られたら学校でいじめられるだろ!」
姫の学校生活を心配する可久士は、漫画家であることを姫に隠し続けているのだ。

にも関わらず、新担当の十丸院 五月(とまるいん さつき)は
姫のいる時間に自宅に行ったり
姫は友達に「姫ちゃんのパパお仕事何してるの?」と聞かれていたりと、
危うく「隠し事」がバレそうになることも。

時には可久士が姫への愛が加速して周囲を巻き込んで暴走!
そんな可久士と姫の毎日を描くハートフルコメディです。

 

【「かくしごと」登場人物】

ここからは個性豊かな「かくしごと」の登場人物について紹介します。

タイトルと同様で、殆どの登場人物の名前の由来が
漫画に関する単語やフレーズの「掛け言葉」となっているのも特徴です。
名前の由来もあわせて紹介していきます!

 

■後藤 可久士(ごとう かくし)

過去に「きんたましまし」を連載し、ヒットの実績を持つベテラン漫画家。
現在は「週刊少年マンガジン」にて「風のタイツ」を連載中。

作風がちょっと下品なので、漫画家であることは姫に隠し続けている。

普段は会社員を装ってスーツ姿で中目黒の自宅を出た後、
途中で「マリオットランチマーケット」という古着屋で
Tシャツと短パンに着替えてから渋谷区の仕事場へ行っている。

姫を溺愛するあまりに「姫が仕事場に来てしまった時の訓練」という名の避難訓練(?)をしたり、
アシスタント達を巻き込むことがしばしば。
その反面、駆の描いた漫画を読んで漫画家らしく的確に指摘することもある。

 

■後藤 姫(ごとう ひめ)

可久士の娘。
可久士が漫画家であることを知らない。
時々不思議な言動をする
父親想いの小学4年生の女の子。
友達の発言により家が貧乏だと勘違いし、
家事全般を一人でやっていたりとしっかりとした一面も。

■志治 仰(しじ あおぐ)

可久士の職場「G PRO(ゴトープロダクション)」で働くチーフアシスタント。
自称「指示を仰ぐ男」で、名前の由来にもなっている。
指示されるのを待つところがあるが、
指示された仕事は的確にこなす「G PRO」一番の古株。

 

■芥子 駆(けし かける)

「G PRO」の新人アシスタント。
名前の由来は「消しゴムかけ」。消しゴムかけを担当。
可久士に消しゴムかけしか出来ないと思われていた時期がある。
余計な一言が多く、それにより可久士を「けしかける」ことも。
美大出身。専攻は日本画。

 

■筧 亜美(かけい あみ)

「G PRO」のアシスタント。
仕上げと服飾を担当。「カケアミ」という技法が得意。
名前の由来はこの「カケアミ」から。
ホラー漫画家志望。デビューした際のペンネームを考えているが、
可久士には絶対に言わないと断言している。
古着屋「マリオットランチマーケット」の服を愛用している。

 

■墨田 羅砂(すみた らすな)

「G PRO」のアシスタント。名前の由来は「墨垂らすな」。
よく原稿に墨を垂らして怒られる。
「代官山の職場でクリエイティブな仕事」と聞いてアシスタントになった。
漫画家志望ではなく、なる気もない模様。

 

■十丸院 五月(とまるいん さつき)

「週刊少年マンガジン」の可久士の担当編集者。
名前の由来は「停まる印刷機」だが、まだ印刷機を停めたことはない。
可久士の描いた漫画のキャラクターが印刷されたTシャツを着て、
そのTシャツを持って姫のいる自宅に行ったりなど何かと可久士を困らせている。

 

■六條 一子(ろくじょう いちこ)

姫の通う小学校の担任。名前の由来は「スクリーントーンの61番」。
「スクリーントーンの61番」のような褐色の肌が特徴。
ジャージ姿でいることが多い。
可久士のファンで、可久士が連載していた「きんたましまし」を読んでいた。
可久士の思わせぶりな発言により、可久士を意識するようになる。

他にも、可久士に告白されたと勘違いをするクッキングアドバイザーや花屋の定員、
アイドルグループのセンターになることを強く志望する女子高生、
後藤家で家事代行をするインドネシア人などなど
個性豊かな登場人物がたくさんいます。

 

【まとめ】

「かくしごと」のあらすじ、登場人物をネタバレ有りでまとめました。

「かくしごと」は「U-NEXT」にて無料トライアルで視聴、原作一巻をトライアル特典で読むことができます。

 

かくしごと の無料視聴はこちら

 

関連記事

-かくしごと
-

Copyright© nature , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.