アニメ

『世話やきキツネの仙狐さん』アニメ最終回までの結末あらすじネタバレ

日々の日常につかれてしまった時に見たいアニメです。

笑ったときの仙孤さんは可愛く、癒されます。

 

『世話やきキツネの仙狐さん』の概要

KADOKAWAのウェブコミックス配信サイト「コミックNewtype」で連載中のリムコロさんの漫画が原作のアニメです。2019年4月から6月でアニメ化されました。

 

『世話やきキツネの仙狐さん』のあらすじ

日々、自宅とブラックな会社を往復する会社員・中野のもとに押しかけてきた神使のキツネ・仙狐さん(800歳・幼女)。
彼女は疲労困憊の中野を、食事、洗濯、特別サービス(?)でめいっぱい“お世話”して、潤してくれるのです。
突然始まる、仙狐さんと中野の共同生活。現代社会に疲れた全ての人に届けたい、お世話系甘やかしコメディ!

引用元:公式ホームページ

『世話やきキツネの仙狐さん』のネタバレ

ブラックな会社に勤める中野は、日々残業ばかりで疲れ果てて帰ってくるのでした。

ある日、残業を終えて帰ってきたら、家の電気がついていることに気づき不審に思います。

そこに居たのは獣の耳と尻尾のついた幼女が、晩御飯を作り、帰りを待っていたのでした。

幼女は、キツネの神使の仙孤と名乗ります。ボロボロの中野を見ておれず、世話しに来たと言うのです。

仙孤さんが作った晩御飯を食べながら、懐かしい気持ちになり、尻尾を触らせてもらって心が癒されていくのでした。

この日から仙孤さんとの共同生活が始まるのでした。

日々疲れている中野を仙孤さんがお世話し、甘やかすのでした。

とある日、騒がしくしてしまし、お隣さん・高円寺さんが怒鳴り込んできました。

仙孤さんを見られてしまい、いかに説明するかと悩んでいると、仙孤さんが任せてと言います。お詫びに、料理を振る舞った仙孤さんは、これからもたまに料理を持っていくからちょっと騒がしくしてしまうのを許してほしいと言います。

そして仙孤さんの事をコスプレをする妻兼母親ということであっさり受け入れてもらいます。

仙孤さんは、アニメやゲーム、スーパーを知りません。いつもの食材は奉納されていたものや仙孤さんが持ってきたもの料理をしていたのですが、この日はスーパーに出かけます。

耳の尻尾もそのままで出かけようとする仙孤さんに、中野は慌ててコートと帽子を渡し付いてくるのでした。最初は心配していた中野も、振り返ってみると楽しかったと思い、またお供したいと言うのでした。

いつにも増して疲れて帰ってきた中野。次の日は休日なのでゆくっりして欲しいと言う仙孤さんに、仕事に行かなくてはと言う中野。

明日、起きれるのだうかと心配する中野に、起こしてやると言う仙孤さん。

朝、起こそうとする仙孤さんに、もう少しと甘える中野。珍しく、素直に甘える中野に、ついつい甘やかし過ぎてしまったりします。

仙孤さんは、実は機械が苦手です。ある日、克服しようと挑戦するのですが上手くいきません。慌てているとブレーカーが落ちてしまい、駄目な神使と落ち込んでしまいます。

しかし、仙孤さんが笑っているだけでいいと言う中野に笑顔になる仙孤さん。

またある日に中野が帰宅すると、そこにはもう一人の神使が。

綺麗な白い尻尾と耳は純潔の証で、シロと名乗ります。そして、甘やかされに来たと言います。仙孤さんとは対照的で甘やかされることで幸福感を与えるのです。

中野は、シロの尻尾もモフリたいと言いますが、シロは逃げます。

逃げた先が、お隣さんでした。シロは気にせず、玄関から外に出て天界に帰ります。

高円寺さんは、それを見て、徹夜をしていたので幻覚だと思い、限界を感じ休むのでした。

その後、休日に当たり前のようにシロが現れるのでした。シロは意外にもゲームが得意で、仙孤さんのおはぎをかけて中野と勝負し料理し、おはぎを美味しそうに食べました。

帰り際、来るときに部屋を間違えてお隣に行ってしまったと言う、シロ。

それを聞いて次の日に、仙孤さんは高円寺さんのところに差し入れに行くのでした。

差し入れの料理を高円寺さんが食べえている間に部屋の片付けをする仙孤さん。

お礼にと高円寺さんからメイド服をもらいます。

その日の夜はメイド服で中野をお出迎えすると、とてもお似合いですと言われます。

しかし、いつもの服の方がいいと言います。家にいると言う感じがせず落ち着かないのでと。それに仙孤さんは、一緒にいることが日常になってきたのだなぁと喜びます。

ある日の夜、中野が食べ終わった食器を片付けようとすると、腰に痛みが。

仙孤さんに足でマッサージをしてもらい、体が軽くなった中野。

それを天界から見ていたシロは不機嫌になります。

ある日、終電を逃した中野の前に迎えに来たとシロが現れます。シロの力で家まで送ってあげるから貢物をよこせと、中野にコンビニのアメリカンドッグとアイスを買わせるのでした。

鳥居と鳥居の間に近道を作り、中野を送るのでした。

シロは中野に問います。仙孤さんが、中野に先祖を重ねているだけで、中野自身を見ていないのではないかと、それでもいいのかと。

仙孤さんは、中野自身の事を見ていないかもしれない。それでもいいかと。理由はどうあれ、今が幸せだし、仙孤さんの笑顔を見ているとそう思えてくると答える中野に納得するのでした。

夏になり夏季休暇が出ました。しかし、一日だけでした。家でのんびりしようとするのですが、そこにシロが現れ、海に遊びに行きます。

高円寺さんも一緒です。高円寺さんは、いつの間にかシロと仲良しです。

四人で夜まで夏を満喫しました。

しかし、明日から仕事だと思うとと暗くなる中野に。仙孤さんは何事にも終わりは来るし、寂しいが、苦しんでやる必要はなし、そんな事は妾が忘れさせてやろうと言うのでした。

ある朝、テレビの特集でグラタンを取り上げているのを見て、よだれを垂らしていた中野を見て仙孤さんは作ってみたいと思い、高円寺さんに相談します。

教えてもらい、グラタンを作った仙孤さん。中野は大喜びです。

ある日、帰宅すると髪が伸びているのが気になる仙孤さんは髪を切ってやるのでした。

切り終わった後にシャンプーまでしてもらい、大満足の中野でした。

ある朝、起きると一面に広がる雪景色。こんな日でも会社に行こうとする中野を止める仙孤さん。ほどなくして、会社は休みになります。

家に戻ろうとする中野に雪遊びをしようと仙孤さんが誘います。楽しんだ二人は、すっかり冷え切り、部屋でこたつで温まっているっと、突然グラマーな4つの尾を持つ神使が現れます。仙孤さんんの上司にあたる夜空(そら)です。からかいに来たと言い、この色気を漂わせて中野に迫ります。しかし、色気よりも尻尾という中野に苦笑いし帰ります。帰り際に中野に「このままだとよくないことが起こる」と言い残すのでした。

ある日、帰ると仙孤さんが割烹着を着て待ってました。たまには晩酌でもどうかとお酒をたくさん用意して待っていました。お酒も料理も美味しく、酔いが回った中野は、会社での愚痴をこぼし、仙孤さんに聞いてもらうのでした。

なんと有休を取っていなかった中野は、有休を取ることに。休みの間、仙孤さんと過ごすことに。

しかし、翌日、実家から父が倒れたと電話があり、実家に帰ることにします。

留守番をすることになった仙孤さんに自分のスマホを置いて、帰省します。病院に駆けつけると、ただの骨折だったのです。

家族団らんの時間を過ごし、ふと目に入った梅に幼い頃、迷子になった時に不思議な声に助けてもらったことを思い出し、それが仙孤さんだったのではないのかと思い仙孤さんに電話をしますが出ません。

一方、仙孤さんはスマホを置いて部屋を出るのでした。

電話を切ると、同僚から電話がかかってきます。トラブルがあり、東京に戻ることに。

帰宅する前に仙孤さんに何度も連絡するのですが、出てくれません。帰宅すると、テーブルにスマホが。心配になり、雨の中探しに行く中野。

その頃、仙孤さんは天界に行ってました。お酒と食材の補充。それと夜空に質問があると。

もうすぐで一年になるのにどうして闇が消えないのかと

夜空は、それは仙孤では消せないのではないかと、だからもう行くなと言います。

助けてもらった中野の先祖に何もできずに看取り、傷ついた仙孤を心配し、そう言う夜空。それに対しそれでも妾のわがままでもいいから、中野を甘やかしてくれようぞという仙孤さん。

そして、仙孤さんは天界から戻り、中野と会うのでした。

満開の桜の下、いつもの四人でお花見をします。

桜の下で、これからもよろしくお願いしますと言う中野に、笑顔で答える仙孤さんでした。

『世話やきキツネの仙狐さん』のまとめ

全体的にほのぼのしていて、ほっこりします。

現代社会では辛い事や大変なのとがたくさんあります。そんな気持ちをほぐしてくれるようなアニメでした。

是非、疲れた時には仙孤さんに癒されてみてはいかかでしょうか。

-アニメ
-

Copyright© nature , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.