アニメ

【かくしごと】アニメ・サブタイトル元ネタ一覧【ビーサンとB4など】

2020年 4月より放送のアニメ「かくしごと」ですが、ところどころに散りばめられているマニアックなネタと、実在の漫画をもとにしているサブタイトルが毎度気になってもやもやします。

この記事ではサブタイトルの元ネタとと、え?これも元ネタあるの?と思ったヤツをご紹介します。

 

かくしごと の無料視聴はこちら

 

目次

 

サブタイトル 元ネタ一覧

1話 Aパート「かくしごと」 Bパート「ねがいごと」

Aパート「かくしごと」

この物語のタイトル「かくしごと」と「隠し事」・「描く仕事」を掛けたダブルミーニングになっています。

また、父・可久士は「隠し事」、娘・姫は「秘め事」にかかっています。

 

Bパート「ねがいごと」

これは普通に七夕にちなんでの「願い事」の様です。(間違っていたらごめんなさい。)

ちなみに短冊に書いてあった「アリエッティ×翔」というのは、

ジブリの『借りぐらしのアリエッティ』で、アリエッティ役の女優・志田未来さんと、翔役の神木龍之介さんの熱愛報道から来ています。

 

2話 Aパート「ビーサンとB3」 Bパート「おかない かかない しあげない」

ビーサンとB4 →用紙サイズB規格

これもきっと漫画作品に違いない!と思って小1時間調べましたが漫画ではない様です。普通に紙のサイズのB3とB4です。

でも漫画業界では原稿のケント紙はB4が基本らしいですし、スクリントーンなんかもB4サイズが多いイメージですので、「漫画あるある」なのかもしれません。

(ちなみにA4は同人誌に多用されるらしいです。)

 

おかない かかない  しあげない →防災訓練「おかし」

これも普通に、防災訓練にちなんでの「おかし」からみたいです。

この回で、締め切りが近いのに突然餃子を作り始めるシーンがあったと思いますが、これも実話らしいです。

 

「締め切りの数時間前」という、アニメの中より現実の方が深刻な元ネタでした。でもこういうピンチの時に全然関係ないことをするときの集中力って尋常じゃないです。

 

3話 Aパート「やりくりサーカス」 Bパート「漫画の実情と筋肉」

やりくりサーカス →からくりサーカス

『からくりサーカス』という藤田和日郎先生による漫画が元ネタです。『週刊少年サンデー』(小学館)で1997年32号から2006年26号まで連載されていました。(単行本は全43巻)

アニメはアマゾンプライムビデオで視聴できます。

 

漫画の実情と筋肉 →女の友情と筋肉

これは漫画「女の友情と筋肉」が元ネタです。KANAさんという方が作者です。ものすごく気になった方もいらっしゃると思いますので簡潔に説明しますと、

出てくる主要キャラの女子3人が全員2m近いマッチョという設定の4コマ漫画です。

主人公の村上イオリ(画像)は握力97㎏で身長195㎝なのですが、ゴキブリが苦手というおちゃめな面を持ち合わせています。

親友の神田ユイは商社勤めの黒髪ストレートロングで制服を着ているのですが、胸筋から上腕三頭筋が発達しすぎてパッツンパッツンになっているのが面白いです。

(こち亀に出てきそうな感じ)

 

4話 Aパート「ノルマエ・ナマエ」 Bパート「コマ割りスケッチ」

ノルマエ・ナマエ →テルマエ・ロマエ

これは分かりやすかったと思います。ヤマザキマリさん作の漫画「テルマエ・ロマエ」で『コミックビーム』(エンターブレイン)にて2008年2月号から2013年4月号まで連載されていました。

阿部寛さん主演で映画にもなりました。映画も面白いですが漫画も面白いです。

ローマ時代の戦車「馬に台車を付けたのりもの」をヤマト運輸の自転車便のリヤカーで再現するなど、辛いことがあったときに読み返したくなるタイプの作品です。

※U-NEXTで31日間無料お試しで視聴できます。(漫画も読めます。)2020年5月の情報です。

 

コマ割りスケッチ →ひだまりスケッチ

蒼樹うめさんによる日本の4コマ漫画です。芳文社の月刊4コマ漫画雑誌『まんがタイムきららキャラット』で2004年4月号から連載されていて現在も連載中です。単行本は10巻まで刊行されています。略称は「ひだまり」「ひだスケ」。

 

5話 Aパート「それでも鉢は廻ってくる」 Bパート「泊めたねっ!」

それでも鉢は廻ってくる →それでも町は廻っている

石黒正数さんによる漫画作品『それでも町は廻っている』が元ネタです。『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)にて、2005年5月号から2016年12月号まで連載されていました。

主人公を取り巻く日常を描いているのですが、細かい伏線だったり「世にも奇妙な物語」のようなちょっとゾッとする話があって、友達の家で昔読んでトラウマになったことを覚えています。

 

泊めたねっ!→とめはねっ!鈴里高校書道部

『とめはねっ!鈴里高校書道部』は、河合克敏さんによる書道をテーマにした漫画で『週刊ヤングサンデー』(小学館)(2007年~2008年)、『ビッグコミックスピリッツ』(同)に移籍し、2008年から2015年まで隔週連載されていました。

2010年にはNHKのドラマにもなっています。

 

6話 「スクールランドセル」

スクールランドセル →スクールランブル

小林尽さんによるラブコメ漫画作品の「スクールランブル」が元ネタです。アニメ化もしています。

7話 「いぬほしき」「母子を継ぐ者」

いぬほしき→いぬやしき

奥浩哉さんによる漫画で講談社の漫画雑誌『イブニング』にて、2014年4号(2014年1月28日発売)から2017年16号まで連載されていました。

これは割と分かりやすかったですね。ちょっと前によく漫画アプリの広告で流れていました。

 

母子を継ぐ者→星を継ぐもの

漫画「星を継ぐもの」が元ネタです。母子(ぼし)と星でかけていますね。

この漫画は筆者の中でもTOP10に入るくらい面白かった作品です。漫画の原作はジェイムズ・P・ホーガン作のSF小説で70年代に書かれたものです。

月面に現代の技術ではありえない装備を纏った人間の遺体が発見されるところからスタートするのですが、「フィクションなのに現実でもありえそう」な設定などが面白いです。

 

8話 「おれたちの下描き」「残念記念組」

おれたちの下描き→おれたちの頂

山岳漫画の金字塔!と言われる塀内夏子さんの90年代の作品です。

天才肌で高校の山岳部をハイキングと馬鹿にしている南波恭介と、気弱で真面目な性格の佐野邦彦は、子供の頃に山で出会った因縁があった。挑発的な恭介に引っ張られ、ロック・クライミングを行うことになったふたりは協力しあうことで難所を越え、かけがえのないパートナーとなってゆくという話です。

 

残念記念組→3年奇面組

3年奇面組が元ネタです。床屋の待合室で読んだ記憶があります。

こういうおバカ男子のギャグマンガは結構好きで、「稲中卓球部」などに似ている作風です。(これが元祖なのでしょうか)

 

 

9話 師走は君の嘘

師走は君の嘘→四月は君の嘘

『四月は君の嘘』は、新川直司さんによる日本の漫画。『月刊少年マガジン』(講談社)にて2011年5月号から2015年3月号まで連載されました。

これは簡単なはずなのに20分くらい思いつかなかったです。3年奇面組は割とすぐ思いついたのですが...

アニメ化もされ、2016年には 広瀬すず・山崎賢人主演で映画化もされました。

 

10話 「I"S(伊豆)」

I"S(伊豆)→I"S(アイズ)

『週刊少年ジャンプ』(WJ、集英社)誌上において1997年19号から2000年24号まで連載されていました。単行本はジャンプ・コミックスより全15巻刊行されています。(完全版がヤングジャンプ・コミックスより全12巻刊行)

累計発行部数は1000万部以上の大ヒット作品で、小説・ゲーム・OVA・テレビドラマ化もされています。

 

 

これは単に読み方の違いですね。

他 かくしごと 漫画原作のサブタイトル元ネタ

禁句ダメ → キングダム

先描け!!男軸 → 魁!!男塾

花の啓示 → 花の慶次

後藤分な花寄せ → 五等分の花嫁

進学の求人 → 進撃の巨人

席 seki- → 咲 saki-

弱虫ヘタル → 弱虫ペダル

遷都せいや → 聖闘士星矢

いらぬやしき → いぬやしき

逃走ラブストーリー → 東京ラブストーリー

幽湯白状 → 幽遊白書

わんわんミッドナイト → 湾岸ミッドナイト

あしたの滋養 → あしたのジョー

 

毎度原作では漫画作品をもじったものがサブタイになっています。

 

その他元ネタ

  • 後藤可久士のタイツを被っているキャラクター「風のタイツ」は漫画「風の大地」が元ネタらしいです。
  • マリオット ランチ マーケットのアパレルショップ :ハリウッドランチマーケットというアパレルブランドです。

かくしごとの主人公・可久士が通勤途中に着替えているアパレルショップ↓ 50代以上の方ならアメカジの老舗ショップ「ハリウッド・ランチマーケット」「ハリラン」というとピンとくるかと思います。

 

また話が進んだら更新していきます。

 

かくしごと の無料視聴はこちら

 

-アニメ
-

Copyright© nature , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.