アニメ

【リゼロ】2期ではレムはほぼ出てこない⁉クルシュにも異変が!原作から・解説考察

画像出典:http://re-zero-anime.jp/ ©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

2020年7月より待望の2期が放送予定の「Re:ゼロから始める異世界生活」。

作中でも屈指の人気ヒロインであるレムですが、なんと2期では序盤を除いてほぼ活躍することはありません。

今回の記事では、「2期でレムがほぼ出てこない理由」について、原作小説を元に解説・考察していきます。

※以下には、原作小説とアニメのネタバレがあります。ご注意ください。

 

 

【リゼロ】2期でレムがほぼ出てこない理由

結論から言うと、レムは「名前」と「記憶」を奪われたことが原因で、「眠り姫」という状態となり目を覚まさなくなりました。

上記のようにずっと眠り続けているため、残念ながら2期ではレムがほぼ出てきません。

この後は、なぜレムがこのような状態になってしまったのかを見ていきましょう。

 

 

レムが眠り姫となった原因

アニメ1期は3章終盤(原作小説9巻終盤)にて終了しましたが、新編集版の最終回で新たなシーンが追加されました。

竜車でレムについて話すスバルに対し、エミリアが「レムって誰のこと?」とあり得ない疑問を口にします。

どういうわけかスバル以外の人々の記憶からレムの存在が消えており、誰もレムのことを覚えていなかったのです。

 

白鯨討伐戦後、マナを大量消費したレムはスバルと別行動をしていました。

そして、王都へ戻る途中、レムとクルシュを乗せた竜車が魔女教大罪司教「強欲」担当のレグルス・コルニアスと「暴食」担当のライ・バテンカイトスによって襲われます。(※大罪司教:魔女教の幹部)

この時の戦いで、「暴食」担当のライ・バテンカイトスが権能を使用した結果、レムは「眠り姫」となってしまいました。(※クルシュは自身の記憶を失った)

 

スバルが死に戻りをしてもレムを救えないのか?

https://twitter.com/03635/status/1271078350891569152

「眠り姫」は、年を取ることがなく、ずっと静かに眠り続けている状態。食事や風呂にトイレなど、身の回りの世話をする必要もありません。

スバルはレムを救える可能性に賭けて自害を試みますが、レムが襲われる前に戻ることはできませんでした。

既に「自害直前にリスタート地点が変更」されており、現時点ではレムを救う方法がない状況です。それでも、スバルはレムを必ず救うことを誓っています。

 

2期ラスボス「暴食」担当ライ・バテンカイトス

続いて、レムを眠り姫の状態にした敵である「ライ・バテンカイトス」と「その権能」について見ていきます。
(※権能:魔女因子の適合者が魔女因子を取り込むことにより発現する能力)

 

ライ・バテンカイトスは、膝まで伸ばした長髪にボロ布をまとった背丈の低い少年であり、大罪司教の1人です。3兄妹で1人という特殊な存在で、彼の中にはロイ・アルファルド、ルイ・アルネブがいます。

自らが「幸せになる」ためなら、相手の人生を踏みにじることすらいとわず、それが間違っているとも思っていません。

ちなみに、スバルたちが討伐した「白鯨」はバテンカイトスのペット。

 

「暴食」の権能は、対象者の「名前」と「記憶」を食事のように喰らう(奪う)こと。この食事の方法は、「対象者の身体に触れた後、その掌を舐める」という単純なものです。

これによって、先ほどまで目の前にいた仲間のことすら、周囲の人々は誰なのかが分からなくなってしまいます。

一見万能に見える権能ですが、対象者の名前を「正確に」知らなければ、「名前」や「記憶」を奪うことはできません。もし偽名であった場合、激しく嘔吐するという欠点があります。

 

対象者が、

①「名前」だけを奪われた場合
→自分の記憶は全て残っている一方、誰も対象者のことを覚えていない

②「記憶」だけを奪われた場合(クルシュ)
→自分の記憶は無くなってしまう一方、周りのみんなが対象者を覚えている

③「名前」と「記憶」の両方を奪われた場合(レム)
→誰も対象者を覚えておらず、自分は意識を失って眠り続ける(まるで抜け殻の状態)

 

 

スバルはレムを覚えている

レムが「眠り姫」の状態となったのは、「名前」と「記憶」の両方を奪われてしまったことが原因でした。こうして、世界が修正され、レムの存在が全ての人々の記憶から消えてしまいます。

しかし、スバルだけはレムのことを覚えていました。

本来ならレムの記憶は誰も保持していないはずですが、スバルの存在は例外です。

おそらく、異世界から来たスバルには、この世界のルールが適用されていない可能性があります。

(※原作小説web版で、異空間である禁書庫にいたベアトリスは、「暴食」による世界の修正の影響を受けていません。そのため、ベアトリスもレムのことを覚えていました)

 

【リゼロ】2期ではレムの出番がどれだけ少ないのか?

アニメ2期は「2020年7月〜」と「2021年1月〜」の分割2クールでの放送予定です。

そのため、2期の範囲は、3章終盤~5章(原作小説9巻終盤~20巻)と考えられます。
(※4章が10巻~15巻とかなり長いため、4章だけの可能性もある)

 

3章終盤で必ずレムを救い出すと誓ったスバルですが、4章からすぐにレムを救いに奔走する展開にはなりません。

以下に、4章と5章の簡単なあらすじを記載します。

 

4章(聖域編)

特殊な結界で守られた「聖域」に避難していたアーラム村の住民たちが、「聖域」の解放を推進する人々に人質にとられてしまいました。そこで、スバルとエミリアは「聖域」を解放するための試練に挑むことになります。

5章(水門都市プリステラ編)

聖域編から1年が経ち、王選候補者たちの会合が「水門都市プリステラ」にて行われます。そこに大罪司教たちが急襲し、プリステラ全体が人質に。王戦候補者たちが一時的に共同戦線を張って、大罪司教たちとの激闘を繰り広げることになります。

 

驚くことに、レムは3章終盤~5章までの間、1年以上にわたって眠り続けているのです。

一方で、2期ではスバルや姉のラムが、レムを大切に思う描写が丁寧に描かれます。それによって、改めてレムの存在の大きさに気づくはずです。

 

【リゼロ】レムが再び活躍するのはいつから?

レムが本格的に復活するのは、「3期から」(6章以降)となるでしょう。

 

実は、Webで連載中の6章でも、レムはまだ目を覚ましていません。しかし、ここでレムが目を覚ます可能性があります。

6章では、プリステラ攻防での「色欲」と「暴食」の権能による多くの被害者を助けるために、スバルたちが賢者シャウラのいるプレアデス監視塔を目指すことになります。

もちろん、スバルの目的は「レムを助けること」です。

 

webの最新話(6章79)では、ラムとプレアデス監視塔に来襲したバテンカイトスとの一騎打ちが始まろうとしています。

もしかすると、ここで「暴食」を倒せれば、念願のレムが目を覚ますイベントがあるかもしれません。(※プレアデス監視塔には、眠り姫状態のレムも一緒に連れてこられている)

 

【リゼロ】かわいいレムをもっと見たい場合は...

レムが出てこないのは大変悲しいですが、このOVA作品「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」をお勧めします。

作中では本編のような凄惨な事件はなく、みんなで雪まつりをするという、とても平和な内容となっています。

 

スバルのことが大好きなレムのシーンをたくさん見ることができます。

見どころの可愛いシーンは下記で解説しています!

 

 

-アニメ
-

Copyright© nature , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.