アニメ

【啄木鳥探偵處】アニメ3話(第三首)「さりげない言葉」の感想・事件の犯人

2020年4月から放送が開始したアニメ「啄木鳥探偵處」

今回は、その第三首「さりげない言葉」についてのあらすじ、解説、感想です。

ネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意ください。

 

今回の話のポイント

・芥川龍之介と平田太郎(江戸川乱歩)が登場!

・この事件の犯人と真相が分かった

・金田一は無事釈放された

 

 

 

第三首「さりげない言葉」のあらすじ

京助が警察に逮捕されてしまった。真相に迫るべくミルクホールに集まった萩原朔太郎と野村胡堂ら友人の文士たちがそれぞれ推理を披露することに。さらに、夏目漱石の紹介でやって来た芥川龍之介も謎解きに参戦するが、どれも決め手にはかける。悩む一同の前に平井太郎と名乗る少年が現れ、一昨日の夜に全ての原因があると語り始める。その見事な推理に驚く文士一同。その推理とは?

アニメ公式サイトより引用

 

野村・萩原の推理

金田一京助が殺人犯として連行されたことに納得のいかない野村胡堂、吉井勇、萩原朔太郎は、石川啄木へ思い思いの推理をぶつけていました。

まずは、萩原の推理から。

萩原は、石川と金田一の証言はどちらも正しいとし、真犯人は飼い猫であるクロの仕業だという推理を披露。
殺人ではなく、実際は不慮の事故だったというが、石川は笑いながら否定。

次に、野村が二人は共犯なのではないかという推理を披露し、これには吉井も賛同します。
狂言で喧嘩してるのではないかと疑いをかけると、石川はこれも否定し、
結局、事件は振出しに戻ってしまいました。

 

芥川と平井の登場

そこへ、声をかけてきたのはたまたま近くに座っていた夏目漱石でした。
夏目は、4人に1人の学生を紹介いたしました。

それは、芥川龍之介でした。

芥川は自分の推理を披露するも、「真相は藪の中」という結論になり、一同を呆れさせました。

そこへ、もう一人学生がふらっと現れました。
名は、平井太郎、のちの江戸川乱歩です。

平井は金田一と同じ下宿先に住んでおり、小説を執筆中であったと言います。

そして数日前、下宿先に一人の女性が石川と金田一の部屋の前まで来ていたのを見かけておりました。
石川と金田一のやり取りを聞き、女性はそのまま去っていったと言います。

これ以来、2人の動向が気になった平井はずっとつけていたそうです。

 

お滝の無念

明くる日、石川と金田一が女郎屋へ行くという話を聞きつけた平井。
外へ出てみると、石川が女中のかよちゃんに「はなのや」へ行ってお滝という女性の身体を開けてくれと頼みこんでいる姿を見つけました。

平井は2人の後をつけ、吞み処に立ち寄ると、石川が日記を忘れたことに気づきます。
「はなのや」へ行き、石川の日記をお滝に渡し、その場を後にしました。

そして、導き出された事件の結論、犯人は石川でも金田一でもありませんでした。
2人とも、タバコの火をつけるときに右利きでつけるため、お滝の首の傷は左にあったためです。
では、犯人は誰なのか。
そう、犯人は左利きであったお滝、つまり、お滝の自殺だったのです。

平井は石川の日記を読み、推理を続けます。

元々、北海道に住んでいたお滝は、アイヌ語研究で訪れた金田一に一目ぼれをし、上京してきました。
そして、金田一に引き合わせてほしいと、お滝の知り合いから石川へ頼み込まれていたというのです。

ようやく金田一に会えたものの、その不甲斐なさにお滝は失望し、自らの命を絶ってしまった…

この推理を聞いていた石川は笑いながら「茶番に突き合わせて申し訳ありません」と謝罪しました。

 

金田一の釈放

どれだけ引き合わせようとしても、なかなか乗ってこない金田一。
行っても結局、手をかけようともせず、そのまま出て行ってしまう。
そんな、金田一のことはわかっていたが、お滝の最期の瞬間を見たときに、金田一が憎くてしょうがなくなり、警察へ突き出したと、涙交じりに事件の全貌を話しました。

石川は推理を披露した平井へ二銭銅貨を渡し、その会をお開きにしました。

石川は浅草警察署へ出向き、金田一を迎えに行きました。
しかし、どこか気まずい2人。

金田一から日記を返された石川。
日記をめくると、そこには

「夢が叶いました。ありがとうございます。」

と、お滝が残した一文が。

金田一が犯人について尋ねると、石川はそれを流し、「その上着、本当に忘れたのですか?」と逆に問いかけました。

口ごもる金田一。
自分が部屋を出る前に咳をしていたお滝へかけてあげていたのでした。

石川は軽く金田一の方を殴り、一緒に下宿先へと帰っていきました。

下宿先では、平井が新たな小説を書いていました。そのタイトルは「二銭銅貨」と…

 

感想まとめ

 

すれ違いの生んだ敵わぬ悲恋の物語でしたね。
また、主要キャラが次々と登場する回でもありました。

この先の展開が楽しみです。

 

-アニメ
-

Copyright© nature , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.