アニメ

【啄木鳥探偵處】アニメに登場する文豪のモデル一覧

「啄木鳥探偵處」は、2020年4月から放送が始まった推理アニメです。
歌人である石川啄木が、郷友である金田一京助や歌人仲間と共に、文明開化の東京を舞台に巻き起こる難事件を解決していく物語です。

この作品には、数多くの文豪が登場し、物語を華やかに彩っております。
今回は、その文豪と代表作についてご紹介いたします。

 

 

登場文豪紹介

石川啄木

天才歌人であるが浪費癖が激しく、お金などにはだらしない人物。
しかし、天性の人たらしで、周囲の人物はその魅力に惹かれやすい。

実際の石川啄木も、様々なところから借金をし、記録に残っている中では全63人から総額1372円50銭(現在の価格にして1400万ほど)の借金を抱えていたそうです。

代表作には「はたらけど はたらけど猶わが生活(くらし)楽にならざり ぢつと手を見る」という歌が載っている「一握の砂」などがあります。

演じられているのは、「ダイヤのA」にて倉持洋一などを担当されている浅沼晋太郎さんです。

 

金田一京助

啄木の親友である国語学者。
國學院大學にて非常勤講師を勤めている。
啄木の才能に惚れこみ、彼を買っている温厚な人物でもある。

実際の金田一京助も、啄木とは仲が良く、彼に金を貸していた人物の一人でした。
また、横溝正史の小説に登場する「金田一耕助」の名前の元になった人物でもあり、「金田一」という姓名を有名にしてくれた横溝に「千金を払ってもいい」と感謝の言葉を述べたという逸話も残っております。

代表作には「三省堂国語辞典 第二版」などがあり、他にもアイヌ語の研究を扱った研究書などがあります。

演じているのは「FF7 リメイク」でクラウド役などを演じられている櫻井孝宏さんです。

 

野村胡堂

東京帝国大の学生。
京助の中学時代の同級生で啄木の先輩。
人情家でミルクホールに集う文士達の兄貴分的存在。

実際の野村胡堂も、京助と盛岡中学時代から仲が良く、野村の葬儀の際、京助が葬儀委員長を務めました。
下級生には啄木が在籍し、軍人の同級生の及川古志郎の紹介で知り合いました。

代表作には「銭形平次捕物控」などがあり、時代小説を中心に活躍しました。
また、「野村あらえびす」という名義でレコード評論を執筆しておりました。

演じているのは、朝の連続テレビ小説「エール」のナレーションなどを務めている津田健次郎さんです。

 

吉井勇

華族出身の歌人。
少々キザなところがあり、啄木をライバル視している。
EDテーマである「ゴンドラの唄」の作詞者でもある。

実際の吉井勇は、啄木、平野万里と共に、森鴎外が中心となった出版された文芸雑誌「スバル」の編集を担当しておりました。
また、短歌以外にも戯曲を発表し、劇作家として活動するなど幅広い活動を行っておりました。

代表作には「君にちかふ阿蘇のけむりの絶ゆるとも万葉集の歌ほろぶとも」という短歌が掲載された「酒ほがひ」や「祇園歌集」などがあります。

演じられているのは、「ヒプノシスマイク」にて夢野幻太郎役などを担当されている斉藤壮馬さんです。

 

若山牧水

ミルクホールのムードメーカー的存在。
早稲田大学の学生ながら、歌人としても活躍している人物。
かなりの酒豪で、常にほろ酔い状態。

実際の若山牧水も、かなりの酒豪で一日一升程度の酒を飲んでいたと言われております。
また、啄木とは歌人仲間であり、啄木の臨終にも立ち会っています。

代表作には「海よかげれ水平線の黝みより雲よ出で来て海わたれかし」という短歌が掲載された「別離」や紀行文である「みなかみ紀行」などがあります。

演じられているのは、「刀剣乱舞」にて大俱利伽羅役などを担当されている古川慎さんです。
古川さんは、本作のOP「本日モ誠ニ晴天也」も担当されています。

 

萩原朔太郎

日本近代詩の父と呼ばれる詩人。
人見知りで引っ込み思案な一面を持つ。
しかし、友達思いで優しい心の持ち主。

実際の萩原朔太郎も、人見知りで非常にネガティブな人物であったと言われております。
また、マンドリンを習い、地元である前橋市で度々演奏を行っておりました。

代表作には「月に吠える」「純情小曲集」「青猫」などがあります。

演じられているのは、「フルーツバスケット」で草摩紅野役などを演じられている梅原裕一郎さんです。

 

平井太郎

啄木と同じ下宿先に住んでいる文学少年。
ある事件をきっかけに、啄木の扱う事件に興味津々。
人間観察にも優れ、独自の推理を展開する。後の江戸川乱歩。

実際の平井太郎は、鳥羽造船所電機部に就職し、その後、欧米の探偵小説に触発され、推理小説の第一人者として活躍されます。
啄木とは活躍した時期が少しずれるので、交流があったのかは定かではありません。
しかし、萩原朔太郎とは仲が良かったそうです。

演じられているのは、「黒子のバスケ」で黒子テツヤ役などを担当されている小野賢章さんです。

 

芥川龍之介

第一高等学校の学生。
夏目漱石をきっかけに啄木たちと知り合う。
ミステリアスな雰囲気を漂わせながらも、少し抜けている部分がある。

実際の芥川龍之介は、菊池寛、松岡譲らと共に第4次「新思潮」を創刊するなどの文筆活動をしていました。
また、高浜虚子や河東碧梧桐などに影響されて、俳句集や歌集、詩集など幅広いジャンルに携わっております。

代表作には「羅生門」「蜘蛛の糸」「鼻」「藪の中」「河童」などがあります。
芥川の命日である7月24日は作品にちなみ「河童忌」と呼ばれております。

演じられているのは、林幸矢さんです。林さんは、本作が声優デビューとなっております。

 

まとめ

上記で紹介した文豪以外にも、夏目漱石や森鴎外などが登場しております。

本作をきっかけに、文豪たちの作品に触れてみてはいかがでしょうか。

-アニメ
-

Copyright© nature , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.