アニメ

【シュタインズゲートゼロ】アニメの最終回・結末までのあらすじ結末ネタバレ

2011年に放送された「STEINS;GATE」。

その続編となる「シュタインズ・ゲートゼロ」の各話ストーリーと、
気になる結末までをご紹介します。

 

【シュタゲゼロ】ネタバレ・気になる結末は…?

第1期作である「STEINS;GATE」では、まゆりも紅莉栖も助かる世界線「シュタインズ・ゲート」に達するハッピーエンド展開でした。

ですが第2期は「紅莉栖を死の運命から救い出すことを諦めた」世界線から始まります。

 

結論から言うと、3000回以上のタイムリープを経て、シュタインズゲートに達します。

物語のほぼ終盤までは、岡部はどこか諦めていて、過去・未来を変えることに後ろ向きです。

しかし、まゆりの決意により目を覚まし、途方もなく長い時間の旅を経て、
紅莉栖も、まゆりも、世界も、みんな救います…!

 

【シュタゲゼロ】各話あらすじ・伏線回収

第1話零化域のミッシングリンク

いくつもの世界線を巡る無限の彷徨。その過酷な旅の中で、岡部は紅莉栖を死の運命から救い出すことを、ついに諦めた。
そして、再び大学に通い始めた彼は、平凡な日常に埋没していく。
それでも心の傷を癒しきれず、メンタルクリニックへの通院を続ける岡部の中で、いつしか白衣をまとった「鳳凰院凶真」の顔は封印されていた。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・紅莉栖を救えなかった岡部は傷つきながらも、平凡な生活を取り戻している

・参加した大学のセミナーで人工知能「アマデウス」の存在を知る

 

紅莉栖を死の運命から救い出すことを諦めたことを悔い、かなり暗いです。

中二病は見られず、サークルや合コン参加するなど、それなりに日常を楽しんでいます。

が、まゆりには岡部がどこか寂しそうにしているように映ります。

そんな中、人工知能「アマデウス」を知ることから物語は動きます。

 

第2話閉時曲線のエピグラフ

ヴィクトル・コンドリア大学のレスキネン教授によるセミナーに出席した岡部。
そこで展開された理論は、「人の記憶をデータ化して保存する」という、かつて紅莉栖が提唱したものだった。
そして、人の記憶や感情、心をベースに構築された人工知能「アマデウス」のデモンストレーションが行われる。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・レスキネン教授と知り合う

比屋定真帆は紅莉栖の先輩であることを知る

・アマデウスのテスターを引き受けることになる

 

アマデウスには、紅莉栖の8ヶ月前の記憶が入っています

なので岡部との記憶はありません 。

 

第3話双対福音のプロトコル

紅莉栖の8ヶ月前の記憶をベースにした人工知能「アマデウス」のテスターとなった岡部。
「アマデウス」の反応は紅莉栖そのもので、岡部はまるで紅莉栖が戻ってきたかのような錯覚に陥る。
そんな中、まゆりの発案で、彼女のコスプレ友達も交えたクリスマスパーティを開催することになる。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・アマデウスの反応は紅莉栖そのもの

突然、世界線が移動したような感覚に襲われる

 

幸せそうなクリスマスパーティーから一転、リーディングシュタイナーが発動し、世界線が移動します。

 

第4話亡失流転のソリチュード

「アマデウス紅莉栖」に接しているうちに、まるで本物の紅莉栖がそこにいるかのように錯覚し始める岡部。
そんな彼を見ていられず、真帆は「ここにいるのはアマデウス。牧瀬紅莉栖じゃない」と非情な現実を突きつける。
その瞬間、岡部は世界が歪む感覚にとらわれる。それは久しく感じることのなかった、世界線を移動する感覚「リーディング・シュタイナー」だった。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・世界線の移動を感じたが、日常に変化はない

・鈴羽が一緒に未来から来たまゆりの養女『椎名かがり』を探していることを知る

かがりを探す協力者として現れたのは桐生萌郁

 

重要人物「椎名かがり」に触れてきます。

しかし、その捜索に助っ人として頼んだのは、前の世界線でまゆりを殺した桐生萌郁という衝撃展開!

この世界線では味方ですが、敵としての記憶があるだけ、怪しく見えてしまいます。

 

第5話非点収差のソリチュード

鈴羽と共に未来からやってきた椎名かがりの捜索を始める岡部。
ダルの依頼でやってきた捜索の専門家は、別の世界線でまゆりを幾度も殺害した「ラウンダー」の桐生萌郁だった。
このタイミングで再び目の前に萌郁が現れたことに、岡部は強い不安と疑念を抱く。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・岡部たち以外にもかがりを探している人物がいることを知る

・るかが紅莉栖にそっくりな外見の記憶喪失の女性をラボにつれてくる

 

第6話軌道秩序のエクリプス

るかがラボに連れてきた、記憶喪失の少女。
その姿を見た鈴羽は、彼女こそ12年間行方不明になっていた椎名かがりだと確信する。
なぜなら、かがりが「ママにもらったお守り」だと言って大切にしていた「うーぱ」の人形を、その少女が持っていたからだ。
だが、少女は何も思い出すことができず、行方不明だった12年間のことは空白のままだった。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

るかが連れてきた記憶喪失の女性はかがりだった

・年明けパーティーの最中、覆面の男たちがラボを襲撃する

 

鈴羽が探していたかがりが見つかります。

ですが記憶喪失になっており、鈴羽のことも未来のことも覚えていませんでした。

そして物語はラボの襲撃から一気に不穏な流れになります。

 

第7話振電遷移のエクリプス

ラボで行われているお正月パーティが盛り上がる中、突然「アマデウス紅莉栖」の接続が遮断された。
さらにその直後、銃で武装した覆面の男たちがラボを襲撃してくる。
かつて、別の世界線で「ラウンダー」の襲撃を受けた際に命を落としたのはまゆりだった。だが、今回狙われたのは……。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

武装集団の狙いはかがりだった

・天王寺裕吾が武装集団を一蹴する

・岡部のスマホに、紅莉栖から助けを求める着信がある

・リーディングシュタイナーが発動し、牧瀬紅莉栖が現れる

 

1期ではラボ襲撃でまゆりが殺されていましたが、今回の目的はかがりです。

また天王寺も敵ではなく、味方として岡部側についてくれます!

これは頼もしいし、今後いろいろなサポートをしてくれます。

そして7話最後、世界線が変わり牧瀬紅莉栖が現れます!

どういうこと!?と思いますが、8話で説明されます。

 

第8話二律背反のデュアル

アクセス不能の「アマデウス紅莉栖」から届く、助けを求める声。
その直後、岡部は世界線の変動を感知する。気が付くと、握りしめたスマホからは「アマデウス」のアプリが消えていた。
そして、彼の前に以前と変わらぬ姿の紅莉栖が現れる。そこは、紅莉栖が生存している「α世界線」だった。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・まゆりは心臓発作で夏に亡くなっていた

・紅莉栖が岡部は別の世界線から来たと気づく

・「ハイルナ」とDメールを送信し、元の世界線へ戻る

 

神回と言われる8話!

何故かというと、1期の伏線がここで回収されるからです。

7話で世界線が変わり、まゆりの死ぬα世界線です。

それが1期22話「存在了解のメルト」につながります。

まゆりを助けるか、紅莉栖を助けるか…悩む岡部。

そして岡部は紅莉栖に想いを伝え、二人はキスをします。
まゆりを助けることを選ぶためタイムリープをする直前、
紅莉栖がラボに急いで入ってきて「岡部、あたしも、岡部のことが…」といいかけてタイムリープする、という描写があります。

この8話では「ハイルナ」とDメールを送信するのですが、これがそのシーンにつながります!

ラボに入るその一瞬を遅らせるために、「(ラボに)ハイルナ」と送ったのです。

1期を見ていた方は、おお~!と思わず言いたくなります。

 

第9話永劫回帰のパンドラ

「α世界線」で紅莉栖と再会し、束の間の逢瀬を果たした岡部。
病院のベッドで目覚めた岡部は、再び「β世界線」へと帰還していた。
すべてはもとに戻ったかのように思われた。
だが、岡部が眠っていた間にも、「アマデウス」の乗っ取りに続き、彼らの身の回りにはいくつかの不穏な事件が起きていた。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・比屋定の周りで泥棒やガス爆発が起きる

・メイド喫茶で働くふぶきが、β世界線のことを夢で見る

比屋定が紅莉栖のPCを持っていることが分かる

 

比屋定が紅莉栖の遺品であるPCを持っていることが分かり、これが今後狙われます。

 

第10話存在証明のパンドラ

明晰な頭脳を持つ後輩・紅莉栖に憧れ、尊敬していた真帆。
それと同時に彼女は、どうやっても追いつけない天賦の才能に、ひそかに劣等感を抱いてもいた。
そんな真帆の元には、紅莉栖の遺品が残されていた。
それは生前、彼女が使用し、その思考が記録されているノートパソコンだった。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・紅莉栖に憧れていた比屋定の過去

 

第11話存在忘却のパンドラ

真帆が紅莉栖のノートパソコンの解析を頼んだ“専門家”とは、橋田至だった。
真帆がこれ以上深入りしないよう、岡部はタイムリープマシンの真実を話すことを決意する。
しかし、そこへ再び不穏な影が忍び寄る。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

真帆が紅莉栖のPCの解析を頼んだ専門家はダル

・紅莉栖のPCを狙い、襲撃される

・比屋定がアメリカへ帰る

 

紅莉栖のPC解析を依頼する「信頼できる人」は、なんとダルでした!

そして襲撃されるのですが、忍者屋敷のごとく逃げ道が用意されており、
なんとか脱出することができます。

 

第12話相互再帰のマザーグース

ラボに襲撃を受けて以来、かがりの身の回りには異変は起きていない。
だが、その記憶はまだ戻らぬままだった。そんな中、まゆりがふと口ずさんだ歌を聴いたかがり。
その瞬間、彼女は突如、気を失ってしまう。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・未来のまゆりがかがりのママになる

・まゆりが口ずさんだ「歌」がカギ

・かがりは気を失い、その後記憶を一部取り戻す

 

第13話回折叙唱のマザーグース

かつての記憶を思い出したかがりは、まるで子供時代に戻ったかのように、まゆりを「ママ」と呼んで甘える。
しかし、この時代にやってきた直後、鈴羽とはぐれてから現在までの記憶はいまだに戻らない。
肝心な部分が空白のままであることに、岡部は漠然とした不安を覚える。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・かがりと鈴羽の記憶が食い違っており、「洗脳」の可能性が浮かび上がる

・街中でモーツアルトの曲を聞き、かがりは「聞こえる、神様の声が」と言い残し姿を消す

・廃墟に偽装された謎の施設が見つかる

 

カギとなるのは「モーツアルトの曲」。

この曲を聞いたことで、かがりは変異してしまいます。

また、謎の施設が見つかりますが、ここにはかがりがいた形跡が残っています。

 

第14話弾性限界のリコグナイズ

かがりが突然失踪してから数ヶ月。
岡部たちはあらゆる手を使って行方を捜したが、何の手掛かりも得られていない。
そんな中、ダルと鈴羽はかつて岡部の手で破棄されたタイムリープマシンをもう一度作るため、真帆の協力を得ようとしていた。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・ダルと鈴羽は、真帆にタイムマシン開発の協力を依頼する

黒いライダースーツの女性の正体はかがりだった

 

ここで、謎の黒いライダースーツの女性の正体がわかります。

なんとかがりが敵となって襲ってきてたのです。

 

第15話漸近線のリコグナイズ

将来、ダルと由季との間に生まれる運命の鈴羽。
しかし、現在の「両親」の関係は進展しておらず、最近はあまり連絡も取っていない様子。
父のあまりにも消極的な姿勢に業を煮やした鈴羽は、一計を案じるのだが……。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・ダルと由季がデートをする

・比屋定がアメリカから日本へ戻ってくる

 

第16話無限遠点のアルタイル

レスキネン教授から研究室に入るよう誘われたのをきっかけに、留学を目指して勉学に勤しむ日々を送る岡部。
だが、まゆりは岡部には何らかの秘めた思いがあり、それを表に出さないよう必死に堪え続けていることに気づいていた。
一方、ダルは真帆と協力して、破棄された電話レンジ(仮)の再現に挑んでいた。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・まゆりは岡部を引き留めたことをずっと後悔している

・電話レンジ(仮)の実験でゲル状のバナナが出来る

タイムリープマシン開発をしていることが岡部にばれる

 

ずっとタイムリープマシンの開発に反対していた岡部でしたが、
ダルと比屋定は岡部に秘密で研究をすすめていました。

ですが、それが岡部にばれて喧嘩になります。

普段やさしいダルですが、ここでは愛のある叱りが飛び出します。

 

第17話双曲平面のアルタイル

タイムマシンに残された燃料は残りわずか。
これ以上時間が経つと、燃料不足で紅莉栖がこの世を去った日まで辿り着けなくなる。
鈴羽が過去に向けて旅立つ準備を進める一方で、まゆりもひそかにある決意を固めていた。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・鈴羽は過去に旅立つ覚悟を決める

まゆりも過去に戻り、昔の岡部を取り戻すことを決意する

・@ちゃんねるにアマデウスが書き込みをする

・ラジ館の屋上でまゆりと鈴羽が襲撃され、まゆりは銃で撃たれる

 

今まで外から岡部を支えてきただけのまゆりでしたが、ここで動きます!

まゆりも過去に戻ることを決意し動き出しますが、いざタイムマシンに乗ろうとしたとき襲撃されてしまいます。

 

第18話並進対称のアルタイル

タイムマシンの強奪をもくろむ工作員の銃撃で、倒れ伏すまゆり。
そこへ、ライダースーツ姿のかがりが現れる。
まゆりが血を流して倒れる姿様を見たかがりは逆上し、武装した工作員たちに襲い掛かるのだった。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・黒いライダースーツ姿のかがりが現れ、襲撃してきた敵を倒す

黒幕はレスキネン教授

・鈴羽とまゆりを乗せたタイムマシンが襲撃されながらも消える

 

ここで最大の敵、黒幕が判明します。

それがレスキネン教授です。

 

第19話循環座標のアルタイル

大国の特殊部隊により、秋葉原のビルは戦場と化し、まゆりと鈴羽を乗せたタイムマシンは爆破され、ふたりは生死不明となった。
この悲劇的結末を回避するため、岡部は真帆とダルが制作中だったタイムリープマシンを完成させる決意を固める。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・タイムリープマシンを完成させることを決意する

・まゆりと鈴羽の遺体は見つかっていない=死は確定されていない

・7月7日にタイムリープ成功する

・かがりではないもう一人のライダーススーツの女性はレイエス教授

 

第20話盟誓のリナシメント

7月7日へとタイムリープしたはずの岡部。
しかし目を覚ましたのは、見知らぬ施設の一室だった。
身体中に走る激痛に耐えながらあたりを見回した彼は、自らの置かれた状況に愕然とする。そこは……。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・7月7日にタイムリープしたはずが、第三次世界大戦により廃墟と化した秋葉原で岡部は目覚める

・2025年に岡部は拘束され廃人となる

・2011年の記憶を入れられた岡部が、2036年に目覚める

岡部はもう一度「シュタインズゲート」を目指す

 

なんと、話は一気に2036年に飛びます。

正確には、2036年の岡部に2011年の記憶を入れられるというものです。

荒廃した世界を目の当たりにし、ついに岡部は再びシュタインズゲートを目指す決意をします!

2期はずっと後ろ向きだった岡部が、ここでようやく前を向きます。

 

第21話結像のリナシメント

再びシュタインズゲートを目指すと決意した岡部。
しかし、2036年から、タイムリープマシンを使って2011年へ戻るためには、3000回以上のタイムリープが必要となる。
精神的負担は計り知れないが、岡部は過去に向けて長い旅に出ることを決意する。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・タイムリープマシンを使って2011年に戻るには、3000回以上のタイムリープが必要

・2011年に戻り、レスキネン教授を阻止するが、ロシアの攻撃に阻まれる

 

3000回以上という途方もなく長い長い旅を乗り越え、岡部は2011年に戻ります。

何度も同じ会話をし、少しずつ過去にさかのぼるのは並大抵の精神力ではありません…。

そして2011年に戻り、これで助けられる!と思いきや、またしても邪魔が入ります。

 

第22話投企のリナシメント

現れた攻撃ヘリは、レスキネンたち米国のものではなく、ロシアのものだった。
何度やりなおしても、タイムマシンの破壊は回避できないのか。
諦めることなく方策を練る岡部達に待っていたのは、ひとつの苦渋の決断だった。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

第三次世界大戦を阻止するには、アマデウスを消去するしかない

・Dメールならぬ、ダルが開発したDラインを使うことで、SERNにばれずにすむ

・真帆がアマデウスを削除する

 

シュタインズゲートを達成するためには、アマデウスの削除、
つまり残された紅莉栖の記憶・存在を消すことになります。

そのために、過去へメッセージを送るのですが、メールはSERNに傍受されることがわかっています。

なので、ダルが開発したDラインを使い、SERNにばれずに過去にメッセージを送ることになります。

 

第23話無限遠点のアークライト

過去に向けて「Dライン」を送ることで、「アマデウス紅莉栖」の存在は消失した。
これで、ロシアがタイムマシン争奪戦に介入する余地はなくなった。
あとは、レスキネンとの対決をいかに乗り切るか――。
いよいよ「シュタインズ・ゲート」へと至る最後の戦いが始まろうとしていた。

引用:シュタインズゲートゼロ公式サイト

・萌郁を味方につけ、レスキネン教授を阻止

まゆりと鈴羽はタイムマシンに乗り過去へ行く

・まゆりと鈴羽を乗せたタイムマシンは、時空をさまよい紀元前まで飛ばされてしまう

岡部はタイムマシンを使いまゆりと鈴羽を迎えに行く

 

この長い長い戦いの終末は、まゆりと鈴羽がタイムマシンに乗り過去へ行くことで成功します。

ですが、燃料不足もあり、元の世界には戻れず、ずっと昔に飛ばされてしまいます。

そして最後は、このまゆりと鈴羽も岡部がタイムマシンを使い助けに行きます。

岡部はほんとうに、みんなを助けたのです。

 

まとめ

1期も伏線回収が見ものでしたが、2期は1期とのつながりもあり、鳥肌ものです!

後半までは後ろ向きな岡部ですが、18話以降の覚醒した岡部は本当にかっこいいですね。

ぜひ1期と合わせてご覧ください。

-アニメ
-

Copyright© nature , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.