アニメ映画

【コナン映画 から紅の恋歌(ラブレター)】死んでも守ったる!あらすじネタバレ解説

劇場版名探偵コナン第21作目は西の高校生探偵コンビが主役に抜擢!

2017年の邦画興行収入ランキング1位を獲得しました。

「待っとれ 死んでも守ったるーー」

このセリフに撃ち抜かれる女子が続出した『から紅の恋歌(ラブレター)』を解説していきます。

 

あらすじ

殺人事件と爆破事件

大阪のテレビ局に爆破予告が出され、それは起こってしまいました。
ちょうど大阪を訪れていたコナンは事件に巻き込まれていきます。
少年探偵団や毛利小五郎は避難出来ましたが、服部平次と遠山和葉が燃え盛るビルの中に取り残されてしまいました。
しかし平次はコナンが必ず助けに来ると信じ、屋上へ避難します。

そこへ荒業を駆使し駆け付けたコナンに救われ難を逃れました。
程なくして、京都で起こった殺人事件の知らせが入ります。

百人一首団体に所属しているそ矢島俊弥の殺害情報で、大阪のテレビ局に来るはずだった人物でした。
テレビ局の爆破と関係があるかもしれないと、コナンと平次も京都の現場に向かいます。

 

大岡紅葉

百人一首の団体「皐月会」の会長である阿知波研介も現場に同行しました。
平次とコナンは現場の状況を見てまだ被害者が出ると読みますが、小五郎に邪魔されて満足に調べられませんでした。
しかし、おかしな言動をする人物がおり2人共その人物に焦点を絞りました。

一方、平次の婚約者を名乗る大岡紅葉が和葉にちょっかいを出し、百人一首の大会で勝負を着けるという無茶な約束がされていました。
大岡紅葉も殺害された矢島と同じ団体に所属しており、今後狙われる可能性があると危惧されます。
勝負の事などつゆ知らず、コナンは阿知波会長を、平次は徹夜で紅葉の警護に当たるのでした。

名頃鹿雄

百人一首の大会当日、コナンと平次は関根という男性に揺さぶりをかけます。
白を切る関根は2人を振り切り大会会場へ移動を始めましたが、道中乗っていた車が爆破されてしまい意識不明の重体に。
では犯人は誰なんだ?
捜査が振り出しに戻りかけた時、名頃という人物が浮かび上がりました。
阿知波会長の話によれば、名頃は今は亡き会長の妻「さつき」に道場破りのような勝負を挑んでいたのです。
勝負に破れた名頃は行方不明になり、名頃が持つ団体は解散になったので大岡紅葉と関根が皐月会に入会した。
この話から犯人は名頃と考えられました。

 

しのぶれど

連日起こった事件に影響されることなく百人一首の大会は開かれました。
和葉と紅葉は勝ち進み、約束通り2人の勝負が始まります。
決勝が行われる会場は特別な場所で、大きな滝が流れる崖にそびえ立ち、読み手を務める会長と決勝選手しか入れない場所でした。
しかし、その会場の外ではまたしても爆破事件が起こりました。

コナンはこの時やっと真犯人が分かりました。
犯人は皐月会会長の阿知波会長だったのです。
平次とコナンはお得意の荒業でバイクごとその会場に乗り込みました。
紅葉と和葉の前で会長の犯行を暴くと、動機を語り出します。
動機は名頃と妻の勝負について…それを聞いた紅葉は言いました。

「初恋の人に褒めて欲しかっただけだと思う…」
百人一首に魅せられた男が、その句のように恋心を忍ばせていただけ。
その言葉に、それ以上の犯行に及ぶことはありませんでした。
事件は解決しましたが、爆破による燃え上がる火の手が迫っています。

紅葉と会長はコナンに助けられながら何とかエレベーターで脱出しましたが、平次と和葉は取り残されてしまったのです。
諦めはじめた和葉に「言いたいことがあんねん!!」と喝を入れ、決死の大ジャンプをします。
間一髪、成功しましたが平次の口から「言いたいこと」は聞けず仕舞いの和葉でした。

 

見どころ

服部平次とコナンのコンビがガッツリ絡むのは久しぶりですね。
公式の仲良しコンビは安定の推理力を発揮し、好きな女の子にはポンコツなのが可愛いと思います(笑)
そんな映画の見どころは、阿吽の呼吸で事件を解決する名コンビの活躍です。

2人が揃うことでパワーが倍増した探偵コンビの掛け合いのテンポがストーリー運びを良くしています。
近年では怪盗キッドと共闘することが多かったので、元祖名探偵が見られて楽しかったです

 

感想

平次と和葉ちゃんは既におしどり夫婦だと思っていましたが、まさか2人がフューチャーされる映画が出るとは。
「迷宮の十字路(クロスロード)」でも2人の絆に注目されていましたが、今回はさらに突っ込んだ関係性を出していますね。
百人一首を題材にしたロマンチックなテイストになっていましたが、正直百人一首にはあまりピンと来ませんでした(笑)
事件の推理自体は難しく無いのですが、百人一首の勝敗が原因で殺人事件が起こるのはイマイチ。
それ程に普及している地域ならウケたのでしょうが、派閥争いがあるような競技だと思いませんでした。
今回は平次と和葉ちゃんのラブロマンスがメインだったので、賛否は分かれそう。
ただ「平次の女になった」などのパワーワードを耳にしたので、女性がザワザワした作品ではあったようですね。

-アニメ映画

Copyright© nature , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.