アニメ映画

劇場版ポケットモンスター 「七夜の願い星 ジラーチ」あらすじネタバレ感想まとめ

「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」は2003年7月19日に全国東宝系で公開された劇場版ポケットモンスターシリーズの第6作目であり、「アドバンスジェネレーション(通称:AG)シリーズ」の1作目です。

この記事では本作のあらすじについてご紹介いたします。
ネタバレとなりますので、未視聴の方はご注意を。

また、現在こちらの映画は「U-NEXT」などで配信しておりますので、よろしければそちらを利用して鑑賞してみてはいかがでしょうか。

「七夜の願い星 ジラーチ」あらすじ

 

千年に一度、7日間だけあらわれるという千年彗星がよく見える「移動遊園地・ポケモンパーク」でサトシたちはバトラーという人気マジシャンに出会う。
そして、マジックショーの中、マサトだけにアシスタントのダイアンが持つ"眠り繭"(ねむりまゆ)の声が聞こえてきた。それは千年に一度目をさまして願いを叶えてくれるという幻のポケモン"ジラーチ"の声だった…

ポケモン映画・プレイバック・ザ・ヒストリーより抜粋

 

ポケモン遊園地

ポケモンマスターを目指すサトシ達は、1000年に一度だけ現れるという幻の千年彗星を見るべく、ポケモン遊園地という場所へとやってきました。
しかし、そこには何もない平原が広がっていました。

サトシ達がキャンプをしていると、そこへ、無数のトレーラーが現れあっという間に遊園地を建設しました。
ポケモン遊園地とは移動遊園地の事だったのです。

遊園地内で行われているイベント「グレートバトラーのマジックショー」へとやって来たサトシ達。
そこでは、バトラーとダイアンという2人組のマジシャンがポケモンを使ったマジックで人を楽しませておりました。
その、ショーの最中に不思議な声を聴いたマサトはステージの上へ上がってしまい、追いかけてきたサトシと共に脱出マジックの手伝いをすることに。
途中、ロケット団が登場するも、バトラーと共に撃退し、イベントは無事に終了しました。

マサトは途中で聞こえた声が気になり、ダイアンの抱えている岩に注目しました。
そこで、サトシたちは伝説のポケモン、「ジラーチ」の話を聞くのでした…

※余談
本作のゲストポケモンであるジラーチは、「ポケットモンスター・ルビー&サファイア」に登場する伝説ポケモンです。
本作から引き換え前売り券が登場し、映画館にソフトを持って行くとその伝説ポケモンをゲットすることが出来るというもので、その影響もあってか、本作の前売り券売り上げは100万枚を記録し、2003年邦画ランキングでは2位、アニメ部門では1位を記録しました。

ちなみに、ジラーチのタイプは「エスパー・はがね」という見た目では少しわかりづらいものとなっております。
ですが、その可愛らしいフォルムで現在も人気のポケモンです。

マサトとジラーチ

 

ジラーチは1000年に1度だけ、千年彗星の見える7日間のみ目を覚ます伝説のポケモンでした。
そして、自分の事を優しく見守ってくれる心優しい素直な人物をパートナーに選ぶのです。
マサトは、バトラー達からジラーチの繭を喜んで受け取りました。

その夜、マサトの寝ている姿を見ながら、ハルカは子守唄を口ずさみます。
すると、繭が光り始め、ジラーチが誕生しました。

翌日から、マサトとジラーチは遊園地内で仲良く遊び、2人は良きパートナーとなりました。
それを遠くから見ている謎の影があります。
それは、災いを告げると言われているポケモン・アブソルでした…

バトラーの野望

ジラーチには願いを叶える能力があります。
この能力を使い、バトラーは秘密裏にある計画を進めていました。

その夜の事、ハルカは一緒にいたはずのジラーチがいないことに気づきました。
サトシ達は周辺を捜します。
少しすると、彗星から一筋の光が戻ってくる瞬間を目にしました。
光の差す場所へとやって来たサトシ達、そこには装置に捕らわれたジラーチの姿がありました。

バトラーはジラーチの腹部にある「第3の目」を使い、伝説のポケモン・グラードンの復活を目論んでいたのです。
しかし、ダイアンはバトラーを止めようとします。
この隙に、サトシたちはジラーチを助け出し、ダイアンと共にジラーチの故郷であるファウンスへと向かいました。

※余談
本作のゲストキャラクターであるバトラーとダイアンは、この後、DS用ソフトの「ポケットモンスター ダイアモンド・パール」という作品にエリートトレーナーとして登場し、本作で使用したポケモンと同じポケモンを使用してきます。

小さきもの

ファウンスへ向かう途中、マサトはジラーチとの別れを少し悲しみます。
そこへサトシが、「別れのことを考えるよりも、今の時間を大事しろ」と優しくアドバイスをします。

ジラーチが誕生してから7日目、ようやくジラーチの故郷であるファウンスへとやって来たサトシ達。
元の場所へアブソルと共に行こうとすると、そこへバトラーが待ち受けていました。
バトラーは、ジラーチを奪い再び装置へと設置し、グラードンを復活させようとしました。

ついに、グラードンが復活を始めると同時に、周囲の森が枯れ始めました。
それはグラードンではなく失敗作である「メタ・グラードン」が誕生してしまったのです。

周囲のポケモンやハルカ達を取り込み、そしてダイアンをも吸収したことでバトラーは自身の過ちに気づきました。
そして、サトシやファウンスのポケモン達と協力し、装置を逆回転することで、「メタ・グラードン」を消滅させることに成功しました。
取り込まれたポケモン達は元に戻り、ハルカ達も無事に救出することが出来ました。

そして、ジラーチとの別れの時。
マサトは、ジラーチを思いきり抱き締め、その別れを惜しみました。
ジラーチは、ハルカの子守唄を聴きながら再び眠りにつき、土の中へ眠ると、枯れた森にまた緑が復活し、ファウンスの大地が復活しました。

バトラーとダイアンはこの地に残り、壊してしまった大地を直すとサトシたちに約束しました。
そして、サトシたちは再び旅に出るのでした…

まとめ

マサトとジラーチの友情物語に感動した方も多いようですね。
また、本作から「ルビー&サファイア」に登場するホウエン地方のポケモン達が活躍するシーンは、当時プレイしていた人たちにとって思い出深かったのではないでしょうか。

また、主題歌である林明日香さんの「小さきもの」も、今聞いてもかなりグッとくる歌となっています。
最近、ポケモンを好きになり始めた方、また、かつてポケモンが好きだったという方にはおススメの一作です。

-アニメ映画
-,

Copyright© nature , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.